ロッキーマウンテン ダウンベスト

秀逸な完成度を誇るロッキーマウンテンのダウンベスト

ロッキーマウンテン ロゴ

1960年代の後半、カウボーイ向けの防寒ウェアブランドとして誕生したロッキーマウンテン フェザーヘッド(Rocky Mountain FeatherBed)。

 

1980年代に一度ブランド自体が消滅してしまいましたが、2005年に35 summers(サーティーファイブサマーズ)により復活。

 

ロッキーマウンテンといえばダウンベストやダウンジャケットが主力アイテムとして知られていますが、他にもマウンテンパーカやショートジャケット等も実在するとか(ロッキーマウンテンがこれまでに手掛けてきたアイテムの種類は明らかになっていないようです)。

 

スポンサーリンク

 

 

 

現存するアイテムが少なく今でも多くの謎に包まれているロッキーマウンテンですが、このブランドを語る上で欠かせないのが一枚革のウエスタンヨーク。

 

カウレザーを使用したこのウエスタンヨークが、着込むほどに独特の風合いを生み出しヴィンテージライクな雰囲気を醸しだしてくれます。

 

サーティーファイブサマーズによるダウンベストも、ロッキーマウンテンの特徴であるレザーヨークなどのディテールは見事に再現。

 

更に現代のニーズに合わせてアームホールを細めにしたり、洗濯可能なウォッシャブルレザーを使用するなど、当時の雰囲気を残しつつも時代に応えたプロダクツへと進化しています。

 

ロッキーマウンテン ダウンベスト画像

Rocky Mountain Featherbed DENIM DownVest

 

 

 

ロッキーマウンテンのダウンベストで、特にヴィンテージ市場にて人気が高いモデルがクリスティーベスト。

 

襟部に付けられたムートンが最大の特徴で、どこか品のある佇まいを持ったダウンベストです。

 

ちなみにヴィンテージ市場に出回ることが非常に少なく、稀少価値の高いモデルがオールレザーのダウンベスト。

 

着込むほどに体に馴染むオールレザーのボディは、時間をかけて自分だけの一着を育て上げて行く感覚を味わえます。

 

>>ロッキーマウンテンのダウンベスト 商品一覧はこちら<楽天市場>